特別な旅作りのヒントになるブログ

旅をたまにシェアする「たびたま」

旅行記

シンガポール旅行記〜必ず食べたいローカルフード

更新日:

美味しいものがたくさん食べれるシンガポール。ホテルとかのちょっときれいなレストランで食べるのもいいけど、やっぱり現地の人が食べてるものを食べたい。東南アジアにきたらやっぱり屋台(ホーカー)が集まった「ホーカーズ」や「フードコート」で食べるのが楽しいし美味しい!

多国籍のシンガポールは東南アジア系、中華系、インド系といろんな国をルーツにしたローカルフードが食べれます。それに東南アジアの人たちは外食文化なので、どこに行ってもホーカーズやフードコートがあるし、食べ物があるところは常に人で賑わってるのでシンガポールの人たちの生活を感じることができます。

美味しくて、めちゃくちゃ食べ歩きが楽しかったシンガポール。自分が実際食べたオススメのローカルフードをを紹介していきます!

絶対食べたいのは「海南チキンライス」

一番人気。天天海南鶏飯のチキンライス

何よりも食べたいのはやっぱり「海南チキンライス」!
絶対食べたいのがチャイナタウンの「マックスウェル・フードセンター」にある「天天海南鶏飯」の海南チキンライス。チキンライスはどこで食べても美味しいです。一番人気の店の行き方やオススメを書いたので、以下の記事へどうぞ!

シンガポール旅行記〜 絶対食べたいチキンライスはこれ!

シンガポールに来たら絶対食べたい海南チキンライス!もちろん一番美味しい所で食べたいし、いろんなところのを食べてみたい!ってことでチキンライスのオススメを紹介します。

リトル・インディアで「ビリヤニ」を

リトル・インディアで食べたチキンビリヤニ

リトル・インディアでは「テッカセンター」というホーカーズでたべた「ビリヤニ」が美味しかった!食後のジンジャーティーも絶対また飲みたいです。
リトル・インディアでビリヤニ食べた記事も別で書きました。

シンガポール旅行記〜リトル・インディアを楽しむ!

異国情緒あふれるリトル・インディアで、ビリヤニ、ラッシー、ジンジャーティーなど美味しいものをたくさん食べました。カラフルでエキゾチックな町並みも楽しいです。

シンガポール人も大好き SONG FA の「バクテー」

行列ができるSONG FA のバクテー

シンガポールのソウルフード「バクテー(肉骨茶)」。骨付きの豚肉の煮込み料理です。ニンニクやいろんなスパイスで煮込んだもので、辛くはないんですけど一度食べると癖になる味です。友人に進められて最初に行ったときはそこまででもなかったのですが、次の日もう食べたくなってました。ハマる味なんです。

このバクテーは「SONG FA bak kut teh(ソンファ・バクテー)」というチェーン店がが一番人気です。昼や夕方のピークは行列ができてました。
自分はチャイナタウンの大型複合施設「Chainatown point」やクラークキーセンターのある通りの向かい「New Bridge Road」のお店に行きましたが、何店舗かあるので、近い所や出かけたついでで狙って行けばよいかと思います。
チャンギ国際空港にもできたみたいですね。空港で時間を潰したい場合は是非行きたい店です。

定員さんが食べてる最中に差しスープしてくれるのがいい感じでした。行列ができますが、お酒を飲みに行く店ではないので回転は早いと思います。シンガポールに来たらここのバクテーは絶対食べたいですね。

シンガポールの定番朝食「カヤトースト」

シンガポールのソウル朝食。カヤトースト

シンガポール朝食の名物「カヤトースト」。名古屋のモーニングみたいな感じですね。朝早くからカフェがやってて、仕事を行く人たちが朝食として食べて行くイメージですね。チープな名物なのでネタ的にも一度は食べたい。自分は朝食付きのホテルだったので、15時のおやつに行ってみました。

カヤトーストは、トースト自体が独特の食感で、中にカヤジャムが塗られています。カヤジャムはココナッツとバターの甘いクリームって感じですね。
中心部で見かける有名な店舗はこの2店舗。ファーストフード店ですね。

  • ヤ クン カヤ トースト (Ya Kun Kaya Toast)
  • トースト ボックス(Toast Box)
カヤトーストが食べれる「Ya Kun Kaya Toast」

今回はクラーク・キーにある大型複合施設「クラーク・キー・セントラセントラル」にある「Ya Kun Kaya Toast」に行ってみました。

Aセットで4.8ドル(400円くらい)とすごく安いです。コーヒーと半熟卵と一緒に食べます。コーヒーはコピといってベトナムコーヒーのように甘いコーヒーですね。食べ方の正解は、テーブルにある醤油を卵にかけて混ぜ、トーストにひたして食べます。あまいとしょっぱいの組み合わせが癖になるんでしょうね。パンの食感が独特で、トーストを焼いた感じとは違ってパフパフした感じです。自分は結構好きな味でした。やすいし、面白い味なので一度はチャレンジしたいローカルフードです。

シンガポールはジュース天国

常夏の東南アジアのシンガポールはフレッシュジュースのドリンクスタンドや、ドリンクがテイクアウトできるカフェがたくさんあります。日本で大人気のタピオカミルクティの店もたくさんあります。
美味しかったのはドラゴンフルーツのジュース(スムージー)、マンゴーラッシーですね。適当に買ったタピオカティーもどこで飲んでも美味しかったです。

  • フレッシュジュース
    どこに行っても必ずフレッシュジュースのジューススタントがありますので、気軽に頼んで飲めます。マンゴー、ドラゴンフルーツ、スイカ等、南国っぽいものがオススメ。ミックスしてもいいですね。個人的にはドラゴンフルーツが美味しかったです。
  • タピオカミルクティー
    日本と同様、女子の間でタピオカミルクティが流行っていますね。繁華街や複合施設に行けば日本と同じ様にタピオカスタンドがありますよ。
    タピオカだけでなく、仙草ゼリー、プディングなどが入ってたり、ベースとなるお茶も、紅茶、抹茶、クランベリー、ヨーグルトなど色んな組合合わせがありますね。店によってぜんぜん違うので色々楽しめます。
  • 甘蔗汁(シュガーケイン)
    サトウキビを絞ったジュースです。自然の甘さで体に良さそうなローカルジュース。シンガポールのはすごく美味しいです。ホーカーズ(屋台街)には必ず1つはあるので一度は飲みたいですね。その場で絞ってくれるのが一番美味しいですよ。
  • ラッシー、ジンジャーティー
    リトル・インディアで飲めるインドの飲み物。
    ラッシーは食事と共に、ジンジャーティー(ホット)は食後におすすめです。どちらも本当に美味しかったです。

シンガポールは南国で暑いので冷たい飲み物をすごく楽しめます。
ちなみに氷が心配という話も聞きますが、私はシンガポールでお腹を壊すことはありませでした(お腹ゆるいほうなっんですが)。かき氷食べてもヘーキでした。個人差があるとは思いますが、シンガポールは浄水処理がしっかり行われているらしいので、それが理由かもしれませんね。

-旅行記

Copyright© 旅をたまにシェアする「たびたま」 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.